履歴書作成まるわかりサイト

基本的な履歴書の書き方~サイズと送付方法~

サイズなどの仕様について

サイズなどの仕様について
Pocket
LINEで送る

履歴書の入手方法

履歴書は文房具店からコンビニ、100円ショップなど様々な場所で購入できるだけでなく、最近ではネットからダウンロードして自宅で印刷することもできます。そのため履歴書の形式も、ものによっては書く項目や仕様が異なっていることがあります。履歴書は比較的自由に書くことができるためどこで入手しても問題はありませんが、応募先によっては指定があり書き方のルールが決められている場合もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

履歴書に指定がある場合

「履歴書はA4サイズ、送付の際はクリアファイルに入れる」、「独自のフォーマットで作成された履歴書以外は受け付けない」などのように、履歴書の書き方にルールが設けられている場合はそのルールに沿って記載し、送付するようにしましょう。ルールが設けられている、ということは応募者からすればひと手間増えることになるため面倒だと思ってしまいがちですが、実はこのひと手間こそがチャンスなのです。なぜなら、その面倒な手間をかけてでもここにも応募したい!と思う志望度の高い人だけが応募してくるため、同じ条件の他の求人と比べて応募者自体が少なくなり、書類選考の通過率が上がるからです。ルールがあればあるだけ手間が増えてしまいますが、面倒になればなるほどチャンスが広がる!と前向きに捉えましょう。

履歴書に特に指定がない場合

一方、履歴書に対して指定がない場合はJIS規格に沿って作成すれば特に問題はありません。JIS規格とは、日本工業規格の英語表記「Japanese Industrial Standards」の頭文字を取ったもので日本限定の基準ですが、要はものを作る時に自由に作ると多様化、複雑化してしまうため、ある程度の基準を定めて統一化しよう、というものです。
JIS規格の履歴書は学歴や職歴の項目が多いのが特徴なので、転職回数が多い人におすすめです。A4(210×297mm)もしくはB5(257×182mm)サイズのものが一般的ですが、もしたくさん書くようであればA3サイズを半分に折ってA4サイズにして提出しても大丈夫です。

クリップとクリアファイルを活用する

履歴書が2枚以上になる場合、書類が紛失してしまわないようホッチキスでまとめてしまう人がいますが、履歴書は大事に扱うべき正式な書類なのでホッチキスで傷をつけるなんてことは言語道断です。2枚以上になってしまうのであれば傷をつけないようクリップでまとめるようにしましょう。
また、送付する際は三つ折りにして封筒に入れている人が多いかと思いますが、応募先に届いている履歴書は自分のものだけではありません。採用担当者からすれば一度に大量の履歴書が届くことになり、ただ封筒から出された状態のままだと見分けがつきにくく紙がバラバラになってしまう可能性もあります。一目で分かり、紙がバラバラにならないようにするためにも、透明のファイルに履歴書や必要な書類をまとめてから封筒に入れるようにしましょう。それに加えて、名前や封筒の中身を記載している送付状も一緒に入れておくとさらに分かりやすく印象もアップさせることができます。

転職を成功へと導く履歴書の書き方

書類選考の通過率が悪いと悩んでいる人は履歴書に不足があるのかもしれません。履歴書の書き方をちょっと工夫すると、通過率はぐっと高くなります。履歴書の質を高めて転職活動を成功へと導きましょう! 当サイトに関するお問い合わせ:rirekisho_maruwakari@yahoo.co.jp

サイトについて